歯を白くする歯磨き粉とは

歯を白くする歯磨き粉というものがテレビCMなどで宣伝されています。しかし、そのような歯磨き粉を使ってみても、あまり効果がなかったという経験があるのではないでしょうか。私もドラッグストアなどでそのような歯磨き粉を買って試してみたことがるのですが、効果が感じられませんでした。


実は、そのような歯磨き粉では一度黄ばんだ歯を白くするのは難しいのです。テレビコマーシャルで宣伝されていてスーパーやドラッグストア等で購入できるものは、値段が数百円ていどで安いです。つまり、使われている成分も安い工業製品であることが多いのです。


安いものには研磨剤が入っていることも多いです。研磨剤は歯のエナメル質を傷つけるので虫歯や黄ばみの原因となります。研磨剤が入っていると最初は汚れがおちますが、エナメル質に傷がつき、その傷に黄ばみ汚れが溜まりやすくなるからです。そのためいくら磨いても白くならないというわけです。

歯を白くするには

歯が黄ばむ原因はステインと呼ばれる着色汚れです。つまり、歯を白くするには黄ばみ汚れの原因であるステインを除去しなければいけません。しかし、普通に歯を磨いただけではステインを取るのは難しいです。ステインを取り除くと宣伝されている歯磨き粉は、先ほども説明しましたが研磨剤が入っているため、さらに汚れる原因となってしまうのです。


キレイな白い歯にするには、エナメル質を傷つけずにステインだけを除去する必要があります。そのためには、研磨剤を含まずステインを除去できる成分が配合されている歯磨き粉を使う必要があります。ステインだけを除去して歯を白くすることをホワイトニングと言います。


ホワイトニングをするためには、ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを使います。最近では、歯磨き粉のタイプよりもジェルタイプのものが人気です。ジェルは透明感で泡立ちもすくないので使ったときに歯の様子を確認しやすいなどのメリットがあるからです。歯磨き粉は無駄に泡立つため磨き残しが発生しやすいのです。

おすすめのホワイトニングジェルは?

様々なホワイトニングジェルがありますが、どれを使っても同じというわけではありません。私も幾つか試して効果が感じられないものもありました。私が使って良かったのはこちらのホワイトニングジェルです。他のホワイトニングジェルとの最大の違いは、厚生労働省に効果が認められた医薬部外品ということです。


また、虫歯予防ができるという点にも注目です。ほとんどのホワイトニングジェルやホワイトニング用歯磨き粉は歯を白くするという機能だけですが、このホワイトニングジェルは普通に歯を磨くよりも虫歯リスクを低減してくれます。

歯を白くする歯磨き粉のおすすめポイント

私がおすすめするのは薬用ちゅらトゥースホワイトニングというジェルです。このホワイトニングジェルのおすすめポイントを簡単に紹介します。

歯を白くする

ステインを除去して歯を白くする成分としてポリアスパラギン酸を配合しています。これによりエナメル質を損なわずにステインだけを浮かせてはがすことができます。さらに、リンゴ酸やビタミンCを配合しているので、再び汚れがついて黄ばむのを防いでくれます。

虫歯予防

虫歯リスクを格段に低減する新規成分「GTO」を配合。また、口臭予防や歯周病予防の効果もあります。一般的なホワイトニングジェルが歯を白くするだけなのに対し、ちゅらトゥースホワイトニングはむし歯も予防できるのでお得です。

医薬部外品

医薬部外品に認定されている数少ないホワイトニングジェルです。歯を白くする効果、虫歯・口臭・歯周病の予防といった効果が厚生労働省により認められているので安心感があります。


おすすめ度No.1のホワイトニングジェルはこちら

ジェル以外のホワイトニングについて

ホワイトニングはジェルや歯磨きをを使うものだけではありません。歯科医院でもホワイトニングを行っています。歯科医院で行っているホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。

オフィスホワイトニングは過酸化水素などの強い薬剤を使うので、1度クリーニングをするだけである程度白くなります。しかし、薬剤の刺激が強いため痛みを感じやすく、むし歯がある人は受けれません。まず最初に虫歯の治療をしてからオフィスホワイトニングすることになります。費用も高く、1度で数万円から十万円ほどになります。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングに対し、家で行うホームホワイトニングというものもあります。ホームホワイトニングでは最初に歯科医院へ行きマウスピースを作ってもらいます。作ってもらったマウスピースを自宅で使ってホワイトニングを行います。マウスピースに薬剤を塗って、それを歯にはめることでホワイトニングします。マウスピースをしている間は食事などはできません。費用は1度で数万円程度かかります。低刺激の薬剤なので効果がでるまでに2週間ほどかかると言われています。低刺激と行っても痛みを感じる方もいます。


今までのホワイトニングは費用が高いのがネックでした。そこでさらに安価なホワイトニングジェルや歯磨き粉が発売されるようになりました。ホワイトニングジェルもホームホワイトニングの一種ですが、歯医者に行く必要はありません。様々な種類がありますが、相場で3千円程度から始められます。数百円程度のあまりに安いものはおすすめしません。刺激が弱く安全な成分で作られています。効果がでるまでに1ヶ月ほど使い続ける必要があります。


ホワイトニングの方法は上記3つになります。すぐに歯を白くしなければいけないならオフィスホワイトニングやホームホワイトニングにしなければいけませんが、そうでないなら費用も安く安全度も高いホワイトニングジェルがおすすめです。


ホワイトニングをして一度白くなっても時間が経つと再び黄ばんできます。これはどの方法でも同じです。汚れてきたらまたホワイトニングをしなければいけません。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングを行うと白い歯になりますが、放っておくと白い状態から徐々に黄ばんだ状態になっていきます。白い歯を維持するには、また歯科医院へ行って高額なホワイトニングをしなければいけません。しかしホワイトニングジェルなら使い続けることが可能なので、白い歯をずっと維持できます。また、ちゅらトゥースホワイトニングなら虫歯も予防できるので、虫歯の治療費も節約できます。


白い歯を維持するならホワイトニングジェルがおすすめ

更新履歴