ジェル以外のホワイトニング

ホワイトニングはジェルや歯磨きをを使うものだけではありません。歯科医院でもホワイトニングを行っています。歯科医院で行っているホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。

オフィスホワイトニングは過酸化水素などの強い薬剤を使うので、1度クリーニングをするだけである程度白くなります。しかし、薬剤の刺激が強いため痛みを感じやすく、むし歯がある人は受けれません。まず最初に虫歯の治療をしてからオフィスホワイトニングすることになります。費用も高く、1度で数万円から十万円ほどになります。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングに対し、家で行うホームホワイトニングというものもあります。ホームホワイトニングでは最初に歯科医院へ行きマウスピースを作ってもらいます。作ってもらったマウスピースを自宅で使ってホワイトニングを行います。マウスピースに薬剤を塗って、それを歯にはめることでホワイトニングします。マウスピースをしている間は食事などはできません。費用は1度で数万円程度かかります。低刺激の薬剤なので効果がでるまでに2週間ほどかかると言われています。低刺激と行っても痛みを感じる方もいます。


今までのホワイトニングは費用が高いのがネックでした。そこでさらに安価なホワイトニングジェルや歯磨き粉が発売されるようになりました。ホワイトニングジェルもホームホワイトニングの一種ですが、歯医者に行く必要はありません。様々な種類がありますが、相場で3千円程度から始められます。数百円程度のあまりに安いものはおすすめしません。刺激が弱く安全な成分で作られています。効果がでるまでに1ヶ月ほど使い続ける必要があります。


ホワイトニングの方法は上記3つになります。すぐに歯を白くしなければいけないならオフィスホワイトニングやホームホワイトニングにしなければいけませんが、そうでないなら費用も安く安全度も高いホワイトニングジェルがおすすめです。


ホワイトニングをして一度白くなっても時間が経つと再び黄ばんできます。これはどの方法でも同じです。汚れてきたらまたホワイトニングをしなければいけません。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングを行うと白い歯になりますが、放っておくと白い状態から徐々に黄ばんだ状態になっていきます。白い歯を維持するには、また歯科医院へ行って高額なホワイトニングをしなければいけません。しかしホワイトニングジェルなら使い続けることが可能なので、白い歯をずっと維持できます。また、ちゅらトゥースホワイトニングなら虫歯も予防できるので、虫歯の治療費も節約できます。


白い歯を維持するならホワイトニングジェルがおすすめ